債務整理を検討するならまず条件を確認|債務整理徹底ガイド

債務整理を検討するならまず条件を確認|債務整理徹底ガイド

債務整理を検討するならまず条件を確認|債務整理徹底ガイド

現代社会では貸金業者から融資を受けたことで、借金額が大きくなって返済が難しい状態に陥った人を救済するために制度が設けられています。
消費者保護の観点から債務の問題を解決するために作られている制度として、債務整理というものがあります。
債務整理にはいくつかの種類の手続きがありますが、それぞれにおいて手続きを行うために一定の条件があります。
債務整理の代表的なものとして自己破産がありますが、自己破産が行える条件としては過去7年以内に自己破産の手続きを行っていないことがあります。
1度自己破産の手続きを経験している人は、その後7年間においては再び行うことはできません。
また、自己破産の場合には裁判所に債務の返済能力が無いことを認めてもらうことで、借金の返済義務を無くしてもらう手続きとなりますので、裁判所が認めていない免責不許可事由に該当するときには自己破産をすることはできません。
借金について虚偽に資産を隠したり、騙して借金をした場合や、浪費やギャンブルが原因となる借金の場合には自己破産を成立できる条件を満たしていないことになりますので、手続きを行うことはできません。
債務整理のうちの個人再生をするときには、住宅ローンを残しながら、その他の借金について大きく減額してもらうことで3年ほどの返済計画によって完済をする手続きになります。
個人再生ができる条件としては、住宅ローンを除いた債務の総額が5000万円以下でなければできないことになっています。
残った債務について支払っていく債務整理の方法になりますので、3年程度で完済ができる程度の安定した収入を得ている人でなければ認められない手続きになります。