※債務整理のデメリットを知っておこう【後悔しない債務整理】

※債務整理のデメリットを知っておこう【後悔しない債務整理】

※債務整理のデメリットを知っておこう【後悔しない債務整理】

借金問題を抱えているときには、法的な方法として債務整理の手続きを行って解決することが可能です。
債務整理とは1つだけの方法ではなくて、借金問題に対して法的な手続きを行うときの総称のことを指すもので、それぞれの手続きごとにおけるメリットやデメリットを知っておくことが、借金問題を解決する上で大切な要素となります。
債務整理には自己破産の手続きがありますが、全ての抱えている借金について返済しなくてもよくなるメリットがある反面として、99万円以上の現金は価値として20万円を超える金額の財産があるときには、弁済に充てるために処分しなければならないデメリットがあります。
また、自己破産の場合には、裁判所に認めてもらう手続きになりますので、借金を背負った理由が浪費やギャンブルの場合には手続きが認められない点もデメリットと言えます。
債務整理の自己破産以外の手続きとしては任意整理もあって、任意整理の場合には住宅ローンや自動車ローンなどの生活上において残したいローンを支払いながら、貸金業者などからの借金の整理を行えるものとなります。
払い過ぎている利息分があるときには、借金の元本から過払い金の部分を充てることで借金額そのものを減額してもらうことが可能です。
任意整理の場合には自己破産のときのように、全ての借金が無くなるわけではありませんので、一定の返済能力を有している人でなければ手続きが行えない点がデメリットとなります。
自己破産や任意整理をすることで、一定の期間において新規の借り入れができなくなるデメリットもあります。