【債務整理後の生活】~債務整理後のクレジットカード使用について~

【債務整理後の生活】~債務整理後のクレジットカード使用について~

【債務整理後の生活】~債務整理後のクレジットカード使用について~

お金を借りていて、その返済が難しくなる方は少なくありません。
事情は人それぞれですが、収入が減ったり仕事を失ったりすることが珍しくないご時世ですから、ある程度仕方ないことかもしれません。
どうしても返済ができない状態になった場合にどうするかというと、早めに債務整理に踏み切った方が良いでしょう。
個人の債務整理だと主に任意整理か自己破産という選択になります。
任意整理は、債務の一部を免除してもらい、財産は保有したままでいられます。
自己破産は、債務の全額を免除してもらい、財産は売却して返済にあてることになります。
任意整理には特に借金の使い道に限定はありませんが、自己破産の場合はギャンブルや浪費の場合は免責が不許可になります。
どちらにしても、債務整理をする場合は弁護士や司法書士など専門家に依頼し、債権者との交渉や裁判所への申し立てを行うことになります。
さて無事に債務整理手続きが遂行されたとして、その後何かデメリットはあるのでしょうか。
例えばクレジットカードなどは問題なく作れるのかというと、任意整理の場合、最低5年間はクレジットカードを作れません。
信用情報から履歴が消えると、任意整理の相手方以外の所であれば作れる可能性があります。
一方自己破産した場合は、官報に個人情報が載ります。
大手金融業者は官報を保管していることが多いのでデータが残り、クレジットカードは半永久的に作れないと思った方が良いでしょう。